ピンク・ペッパーと三ツ星お姉さん、不健全図書に指定される

2010/02/16

三ツ星お姉さん
大見武士
SP コミックス
リイド社
2010/02/12
ISBN:978-4845838196

ピンク・ペッパー 陸乃家鴨短編集
陸乃家鴨
マンサンコミックス
実業之日本社

2009/11
ISBN:978-4408172200

陸乃家鴨「ついにキタよ…」日記という名の雑記 2010/02/10

第597回東京都青少年健全育成審議会の答申|東京都

これは作者、出版社、むろん読者の誰にとっても悪い話だ。
まず、Amazonから情報が消えた。
新たに重版される時に、成年向けマークをつけない限り、この先Amazonで購入することはできない。他の本の通販サイトだと送料がかかるので、読者に無駄な負担をかけることになる。
そして、全国の一般書店の店頭からも引き上げられるので、作者と出版社にとっては売り上げが激減することになる。
このように、東京都の不健全図書の指定というのは、される方からすると、死刑宣告に等しいほど重大なことなのだ。 にもかかわらず、抗議や反論をすることすらできず、ましてや撤回させることなど不可能だといっていいだろう。
指定に関わっている人間が誰かもわからず、しかもその根拠となるのは条例の“解釈”でしかないものが、たとえどんなものであれ、一度世に出たものを殺すことができるというのは、不可解だし不愉快きわまりない。
抗議するためにも、明日、ピンク・ペッパー陸乃家鴨短編集を買ってくるつもりだ。
三ツ星お姉さんは発売日の前日に確保ずみ。

トップページへ

inserted by FC2 system